横須賀「ママと缶詰」開催しました!!

2017年12月20日、公益社団法人日本缶詰びん詰レトルト食品協会様に協力をいただき、横須賀でママ向けのイベント「ママと缶詰」を開催しました。

今回のイベント開催のきっかけ
都内で開催されていた、「缶詰・びん詰・レトルト食品フェスティバル」に参加、缶詰のごはんが湯煎せず、そのままおいしく食べられることに感動。非常食兼保存食として購入するのであれば、家族も食べられる好みの物を購入したいという思いから「ママと缶詰」を開催しました。

20種類以上の缶詰

缶詰やレトルト食品は賞味期限も長く開けたらすぐに食べられ物が多く、保存料や殺菌料も不使用、新鮮な状態のまま長期間保存でき、非常食や時短料理にはとても便利な食品です。
缶詰のパッケージで中身がわかる商品も多くありますが、実際の味も気になるところ…。ということで、ママと子供たちで試食会を開催しました。

親子で調理

ツナ、いわし、さばの定番アイテムから、アキバで話題になったおでん缶、バケットにピッタリの洋食缶詰、玄米ごはんなど、9社20種類の缶詰をみんなで試食しました。

缶詰でクリスマスワンプレート

グループに分かれ、20種類の中から好きな食品を選びワンプレートに盛り付け、オリジナルのワンプレートランチを作り、試食♪

子供からは、「やきとり缶がおいしかった!!」
ママたちからは、「ココットの缶詰を初めて食べておいしかった!!」
「玄米のごはんがそのまま食べられるなんて!!」
「メンマがおいしい!!」、「さばのカレー煮込みがおすすめ!!」
「さばのトマトパッツァ、いわしの大根おろしがおいしい!!」
「おでん缶やツナもおすすめ!!」とおすすめの缶詰を見つけることが出来たようです♪

ランチの後は、防災クイズと缶詰、レトルト食品に関するクイズ大会をして、正解した子供たちにはノートなどの文房具をプレゼントをゲットし楽しんでいました。

大好評だったので次回もぜひ開催したいイベントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です